インドネシア人、ベトナム人の中国に対しての感情

インドネシア、ベトナムの中間層(上)〜富裕層(下)(月収USD500〜1,000)各100人(合計200人)に中国をどう思うかと聞いてみた。

興味深いことに、インドネシア(ジャカルタ)では、半々(とても好き、好きで51%)であったが、ベトナム(ハノイ)では、とても好き、好きが6%にとどまっている一方、好きでない、大嫌いで68%と、明確に違いが見て取れる。

ベトナムでのこの感情はやはり歴史的な背景の影響かと思われる。しかしハノイでは、中国に国境を接しているということもあり、経済的には強い結びつきがあることも事実なので、お金と感情は違うということかと思われる。

政井