インドネシアにおけるクレジットカードの取引量は月あたり約2000万回

インドネシア銀行の統計によると、昨年(2013年1月)から今年(2014年1月)までの一年間(13ヶ月間)におけるクレジットカードでの取引量合計は、約2.56億回で、月あたりの平均では、約1,970万回となる。2013年1月の取引量は、約1,970万回。2014年1月における取引量は、約2,043万回で、1年間の毎月の増減を平均すると約0.62%増加していることとなる。

クレジットカードの発行枚数を約1,500万枚とし、全員が使ったと想定すると、一人あたり月に約1.4回程度使っていることになる。しかし、実際は発行枚数の半分以下の人しか利用しているとは思えないので、利用者数を半分の約750万人とすると、一人あたり月に約2.8回使っている事になる。名称未設定 1

政井