インドネシア大手スーパーマーケットの営業戦略

Giant Superstore Sandakan (GXSD)
Photo by To see all my photos | Flickr

インドネシアのマーケティング専門誌『mix marketing communications』の2014年2月号によると、インドネシア小売業者協会(Aprindo)は、2013年小売の売上高は10~11%増の150兆ルピアになると予測している。中でも海外の小売業者は、巨大なポテンシャルを持つインドネシア小売市場への関心をますます高めている。

インドネシア国内大手のハイパーマーケットといえば、Giant(マレーシア)とCarrefour(フランス)、大手ミニマートには、Indomaret(8,814店舗)とAlfamart(8,557店舗)がある。

店舗拡大し続けるミニマートに対抗姿勢を見せているのは、Giantを経営するPT Hero Supermarket。同社の広告ディレクターWirry Tjandra氏は「我々がターゲットにしているのは、中間層から貧困層。彼らは価格に対して非常に敏感である。低価格で商品を提供すると同時に、常にプロモーション活動を実施している。消費者が住む周辺地域において、最も安い価格で8,000アイテムの製品を提供している」という。

Giantは、消費者が必要としている全てを提供し、快適な買い物をしてもらえる「One Stop Shopping」をモットーに、子連れ家族が利用できる子供向け無償施設や無料駐車場を設置している。食品に関しては、常に新鮮な商品を提供できるよう工夫しているとのこと。

「商品は低価格だが、店員による消費者サービスはそれ以上のものを提供する」と述べ、社員に対して消費者トレーニングを行うほか、頻繁に覆面調査を行って自社のサービス品質の向上に力を入れている。更にコールセンター、ウェブサイト、TwitterやFacebookなどソーシャルメディアも活用して顧客からのクレーム対応に努めているそうだ。

現在、Facebookに寄せられるクレームは1週間に10件ほど。Giantは1,000人を対象に電話による消費者調査を実施しており、94%が安くて満足していると回答しているそうだ。

ミニマートだけでなくハイパーマートも、時代のニーズに合わせた営業を展開している。

インドネシア大学、学生証をICカードに

Universitas Indonesia Central Library
Photo by Mohamad Sani | Flickr

インドネシア小売専門誌『ritel』によると、今年からインドネシア大学が学生証にICカードを導入したとのこと。学生の中には、この学生証を使って列車に乗り、通学している者もいる。つまり学生証として使えるだけでなく、交通系ICカードとしても機能する。

「本学は、先駆けとして、公共交通機関にも使えるICカードを導入した」と、インドネシア大学 学長のMuhammad Anis氏は語る。2013年10月には、すでにこのICカードは作成されていたが、本格的に使用を開始したのは今年から。

インドネシアの主要銀行であるBank Mandiri、Bank DKI、Bank Rakyat Indonesia(通称BRI)、Bank Central Asia(通称BCA)、Bank Negara Indonesia(通称BNI)の5つの銀行がICカードの発行・取引を担う。

インドネシアでは、キャッシュレス社会を目指し、現在、公共交通機関、ミニマートやハイパーマート、カフェやレストランにおいても、電子マネーによる支払いシステムが次々と導入され始めている。

<Kelemahan Non-Tunai Mengintai | Ritel Indonesia

インドネシアのKakao Talkユーザー数は世界2位

Android and iPhone
Photo by Quinn Dombrowski| Flickr

インドネシアのマーケティング専門誌『Marketeers』の2014年2月号によると、2013年のKakao Talkのユーザー数は、1億3,000万人を超えた。開発国でもある韓国は、4,600万人のユーザーを誇る。次いでユーザー数が多いのは、インドネシアの1,500万人。現在、LINE(日本)をはじめ、WeChat(中国)、WhatsApp(アメリカ合衆国)、Black Berry Messenger(カナダ)などインスタントメッセンジャーを提供するアプリケーションが世界中で利用されている中、Kakao Talkは1日に52億ものメッセージ送受信が行われている。

2012年の時点で、インドネシアにおけるKakao Talkのユーザー数はわずか50万人だったが、積極的に韓国人アーティストを起用した宣伝やプロモーションを行い、1年で1,500万人までユーザー数を拡大した。Kakao Talk代表取締役のSirgoo Lee氏は、『スマートフォン普及のマクロ経済が巨大であると同時に、手頃な価格で販売されているAndroid端末の割合が高くなっている』と語り、インドネシアでの市場拡大を図る。

Kakao Talkユーザーの40%はBlack Berry、50%がAndroidで利用されている。『インドネシアのAndroidユーザーの10人中9人をKakao Talkユーザーにしたい』と語り、ターゲットをAndroid利用者に絞っていく考えとのこと。

<KAKAO TALK KOREAN BASED, LOCAL TASTE | Marketeers

携帯ショップ

携帯やPCなどあらゆるIT商品関連を売っているモール(ITC)内の携帯ショップの様子。

こういったモール内には、約1,000店舗近い小規模ショップがひしめき合っており、新品はもとより、Blackberry等の中古品が多数販売されている。

DSC_0024

DSC_0025

政井

 

2013年における電子マネーの発行数は、約3,600万

Bank of Indonesiaによると、2013年の電子マネーの発行数は3,622万で人口の15%に達しているとみてとれる(電子マネーとは、プリペイド型、オンライン型双方を含んでいる)。

しかし、実態は、これらの発行数が全て使われているわけではないので、そのまま普及度とは言えないのが実態。

(電子マネーの発行数)

名称未設定 1

政井

インドネシア(ジャカルタ)におけるマンガ購読、携帯活用の実態セミナー・ご案内

 日本のコンテンツの切り札としてよく言われる“マンガ”。

しかし、実際にどこで、どの程度買われ、読まれているのか、また、どういった分野などに興味があるのか、といった具体的な消費者の状況はなかなか見えてこないが実情です。

 そこで、今回、弊社の自主調査として10代、20代の若者層100人(中間層)にマンガ、さらに携帯の活用方法についてアンケートをとりました。それらを基に、以下のとおりセミナーを開催します。

 また、アンケートのみだと消費者の声が見えないこともありますので、現地とネットでリアルタイムにつないで、3名の大学生にも参加してもらい、Miniグループインタビュー形式で、直接インタビューしていただける場も設けます。

 是非、ご参加いただき、今の市場動向を、日本にいながら、肌で感じ取っていただければと思っております。限定10社ですので、早めにお申し込みください。

 

1.       月日: 2014512日(月)15:0017:00

2.       場所: 弊社事務所(港区西新橋3-5-8 渡瀬ビル2F

3.       内容: 

【ジャカルタの若者100人へのアンケート結果より】

1)        携帯の活用実態                             15

・保有している機種など

・携帯の活用方法

・過去1年間、携帯経由で購入した事のあるもの、その金額、決済手段

・その他

2)        マンガ購読の実態                         30

・日本のマンガの購読有無

・好きなジャンル

・読む頻度

・今まで一番おもしろかったマンガ

・マンガを読む手段

・今後の購読意向、購読可能金額

3)        3人の大学生への簡易インタビュー               60

(携帯を日常的に活用し、マンガを読んでいる大学生3名)

【質問内容】

    ・上記などの項目に加え、お好きな項目を聞いていただけます。

*現地とネットでつないでリアルタイムでインタビューを行います。

4)        質疑応答 15

4.       参加費: 2,000/参加者1

5.       募集人数: 10社限定

6.       募集期限: 201457日(水)まで

7.       参加申し込み: 以下までご連絡ください。

 

株式会社ハローG海外事業部

105-0003 東京都港区西新橋3-5-8 渡瀬ビル2F

Tel 03-6435-6817 Fax 03-6435-6818

bz@hello-global.com

担当:政井、峰

 

インドネシアにおけるクレジットカードの一回あたりの取引単価は約9400円

次に、クレジットカードの取引額の推移でみてみると、2013年1月には17.6兆ルピア(約1,760億円)が、2014年1月には19.3兆ルピア(約1,930億円)と若干増加している(3.7%)。

取引額を取引量で単純に割った一回あたりの取引額としては、2013年1月に89万ルピア(約8,900円)であったのが、2014年1月には94万ルピア(約9,400円)と9.8%増加しており、一回あたりの単価の増加量が大きいことが見て取れる。

(2013年1月〜2014年1月までのクレジットカード取引額の推移【単位:百万ルピア】)

名称未設定 1

(2013年1月〜2014年1月までの一回あたりの取引額単価の推移【単位:百万ルピア】)

名称未設定 2

インドネシアにおけるクレジットカードの取引量は月あたり約2000万回

インドネシア銀行の統計によると、昨年(2013年1月)から今年(2014年1月)までの一年間(13ヶ月間)におけるクレジットカードでの取引量合計は、約2.56億回で、月あたりの平均では、約1,970万回となる。2013年1月の取引量は、約1,970万回。2014年1月における取引量は、約2,043万回で、1年間の毎月の増減を平均すると約0.62%増加していることとなる。

クレジットカードの発行枚数を約1,500万枚とし、全員が使ったと想定すると、一人あたり月に約1.4回程度使っていることになる。しかし、実際は発行枚数の半分以下の人しか利用しているとは思えないので、利用者数を半分の約750万人とすると、一人あたり月に約2.8回使っている事になる。名称未設定 1

政井

キャッシュカード+デビットカードの発行枚数は約8400万枚

クレジットカードの発行枚数は、約1,500万枚であるが、キャッシュカード+デビットカードの発行枚数は、2014年1月現在で約8,377万枚で、クレジットカードの約6倍となっている。

(クレジットカード【青線】とキャッシュカード+デビットカード【緑線】の発行枚数推移)

名称未設定 1

政井