ハローGの海外自主調査レポート

海外レポート

ロシアの消費者層分類

消費者層分類

消費者層分類について

属性別分類の方法もしくはその分類そのものにおいて、有権者によって様々な見解に分かれる。

有権者によっては、社会的・経済的属性(SEC)によって分類する方法(学歴レベルと収入レベルの組み合わせで判断する方法) は"西洋的"であり、ロシア人の生活レベルや経済状況を図るツールとしては、100%適しているわけではないと指摘する。

  • 例えばヨーロッパにおいては、「高学歴=高収入」の公式が成り立ちやすいが、ロシアでは必ずしもそうとは言えない
  • 故にロシアでは、学歴・収入レベルを掛け合わせる水準も参考にはするが、やはり判断基準のメインは収入 レベルである

よって、ロシアで社会的・経済的属性(SEC)を用いる場合(特にBクラス以上)、下記のような、生活水準が図れるような ライフスタイルに関する設問も併せて儲けられることが多い。

  • 一年間に家族で海外へ行く回数、渡航国(トルコ・エジプトなどは低所得層(c1,c2)でも渡航できるため、 特にBクラスには遠方のヨーロッパ諸国などが求められる)、利用しているフィットネスジムや教育機関、飲食店など

ロシア人口を社会的・経済的属性(SEC)によって分類する方法(学歴レベルと収入レベルの組み合わせで判断する方法) を用いて分類した場合、概算で以下のようになる:

  • A + B – 約7~10%
    • 注)ただし超上流階級とされる富裕層はほんの1%未満である
  • C1 – 10-15%
  • C2 + D – 約60%
  • E – 約15%

お電話でのお問い合わせ

専門の担当者がご対応致します。
お気軽にご連絡下さい。

03-6435-6817 平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ

もしくは

お問い合わせフォーム

お問い合わせ

03-6435-6817

bzhello-global.com

お問い合わせフォーム