ハローGの海外自主調査レポート

海外レポート

インドネシアにおける消費市場

調査概要

  • インドネシア経済、2010年に6.1%の成長(過去10年間堅調な成長)
  • 一人あたりGDP、3,000ドル台に
  • 耐久消費財(車、バイク、携帯など)の販売急増中
  • 人口約2.3億人の巨大市場
  • 収入別のセグメンテーションでは10,000円〜90,000円
  • 都市部における中間層・中は、約1900万人程度、中間層・下は、約4400万人程度
  • 耐久消費財は、収入に対して決して安価ではなく、ローンで購入
  • 消費が過熱気味、一種の「消費バブル」ではないか
  • ただ、収入レベルが向上したことによる消費欲で健全な「背伸びの消費バブル」
  • 小売り流通は、「近代的」と「伝統的」に大別される
  • 近代的店舗は、年20%程度で成長中。ミニマーケット(コンビニ)が急増中
  • 主婦は、近代的店舗と伝統的店舗をうまく使い分けている
調査レポートのダウンロードはこちら

お電話でのお問い合わせ

専門の担当者がご対応致します。
お気軽にご連絡下さい。

03-6435-6817 平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ

もしくは

お問い合わせフォーム

お問い合わせ

03-6435-6817

bzhello-global.com

お問い合わせフォーム