ハローGの海外自主調査レポート

海外レポート

ブラジルにおける化粧品・トイレタリー・フレグランス市場

ブラジル人女性は、美容に非常に気を使うことで知られており、事実、化粧品・トイレタリー・フレグランス市場(CT"F市場)の規模では世界3位である(2009年)。第1位はアメリカで小売価格ベースでの市場規模は、約589億ドル(約5兆9000億円)で世界全体の約17%を占める。しかし、リーマンショック以降の経済危機の影響で、消費は停滞気味である。第2位は、日本の399億ドル(約3兆6,000億円)、そしてブラジルの284億ドル(約2兆6,000億円)と続く。成長率ではやはり中国が群を抜いている。その一方、一人当たりの平均年間購入額に換算してみると、アメリカ約45,000円、日本約75,000円、フランス約49,000円、ブラジル約32,000円で、ほぼ欧米の水準に達している。

一方中国は約3,900円で一人当たりでみるとまだまだ小さい。しかしこれは、中国は沿海部とそれ以外の格差が大きく、国全体の平均でみると額としては小さくなってしまうことによる(今後の成長余地がまだまだあるということでもある)。興味深いのは、ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、スペインの各国の個別規模はそれほどでもないが、EU全体としてみると、719億ドル(約6兆5,000億円)となり世界全体の約21%とアメリカ市場をしのぐ規模となる。ただ、経済危機の影響を受け成長率としては低くなっている。これらを総合すると、ブラジル市場は、規模、成熟性などから大きな可能性を秘めている市場といえる。


世界のCT&F市場概要(Source: Euromonitor2009)

次にブラジル国内の市場規模(工場出荷額ベース)の推移をみると、過去10年間順調に成長してきている。2009年のドルベース額では約129億ドル(約1兆1,600億円)で、小売価格ベース(約2兆6,000億円)の約45%(産業全体のマージン率ともいえる)となっている。


Source: ABIHPEC

市場成長の理由として、

  • 女性のさらなる社会参加
  • 産業全体のイノベーションや最新技術の導入による生産効率の向上、それらにより経済全体の物価上昇率より化粧品・トイレタリー・フレグランス商品の価格上昇率が低く抑えられたこと
  • 消費者ニーズの増加に呼応した新商品などの持続的な投入

などがあげられる。

ブラジルCT"F市場における関連企業数は(メーカーなど)、約1,700社にのぼり、そのうち売上高が1億レアル(約50億円)以上の大企業は20社弱程度であり、ほとんどが中小企業であるといえる。


各地域毎のCT&F関連企業の分布

ブラジル市場の特性として、広大な国土、さらに主要5地域でそれぞれ市場動向も違いがあり、各地域毎に販路を開拓していく必要があることがあげられる。しかし、やはり中心はサンパウロ市(人口約1,100万人)のあるサンパウロ州で、ST"F関連企業も約1,000社が同州に集中している。

お電話でのお問い合わせ

専門の担当者がご対応致します。
お気軽にご連絡下さい。

03-6435-6817 平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ

もしくは

お問い合わせフォーム

お問い合わせ

03-6435-6817

bzhello-global.com

お問い合わせフォーム