ハローGの海外自主調査レポート

海外レポート

何故、今、韓国なのか?

調査概要

  • 韓国へのFDI(世界全体)合計は約137億ドル
  • EUからのFDI、FTAの発効(2011年7月)により約50.3億ドルと急増(対前年比57%増)
  • 中国からのFDIも急増中(57%増)
  • 震災前後から、日本からの韓国進出も急増中
  • 「六重苦」、韓国進出で解消
  • 実効法人税率:24.5%韓国の方が低い
  • 電気料金:36.7%韓国の方が低い
  • 自由貿易化:韓国、日本より2.1倍貿易比率高い
  • 韓国の優位性:FTA戦略
  • EU- 韓国間FTA、2011年7月発効
  • USA-韓国FTA、2012年3月発効
  • 日韓関係(今後):"競合"(ライバル)から、地域的な役割分担としての"恊働"(パートナー)へ、「JAPAN + One」としての活用
  • 韓国は、「六重苦」を軽減できるだけではなく、「フリートレードゾーン」など、外資への手厚いインセンティブ
  • 韓国と言えば、ソウルとプサンのみが注目されがちであるが、全羅南道は韓国国内でもコストが低く、今後の注目地域
調査レポートのダウンロードはこちら

お電話でのお問い合わせ

専門の担当者がご対応致します。
お気軽にご連絡下さい。

03-6435-6817 平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ

もしくは

お問い合わせフォーム

お問い合わせ

03-6435-6817

bzhello-global.com

お問い合わせフォーム